手続きはこんなに簡単にできる!自営業の始め方

自営業は勤め人の憧れ

「サラリーマンなんかやめて、自営業を始めたい!!」そんな願望を抱いている人は現代社会では少なくありませんよね。一国一城の主として自分の事業が成功すれば、勤め人時代に抱えていた職場の人間関係によるしがらみなどのストレスからも解放されます。でも「自営業ってどうやって始めれば良いんだろう。なんだか難しそう」と思って一歩踏み出せない人も多いです。ですがそんなことはありません!自営業はとても簡単に始めることができるんです!

「個人事業主」の開業に必要なものは驚くほど少ない

一口に自営業と言ってもいくつか種類がありますが、始めて独立する時はどれだけの利益が出るのかも分からないのですから大半の人は会社の設立ではなく「個人事業主」から始めることが多いでしょう。この、個人事業主、自分以外に従業員を雇うわけでもないなら開業の際に必要な書類はたった三つだけなのです。「個人事業の開業届出書」を税務署に、「個人事業開始等申告書」を都道府県税事務所にそれぞれ提出するだけで自営業を始めることができます。つまりは開業に必要なのは税金関連の手続きだけ、ということですね。

自営業を始めるときに決める必要があること

その人が始める事業の種類にもよりますが、開業手続きの際に自分で決めないといけない項目は意外と少ないです。例えば「開業日」は実店舗を出すわけでもない事業ならばそこまで厳密でなくともだいたいの日付で問題ないですし、会社で言えば会社名にあたる「屋号」は個人名義で活動する人ならば必ず付けないといけないわけではありません。唯一注意すべきなのは「事業の種類」です。事業内容によっては個人事業税という税を徴収される可能性がありますので、ここに関しては正確に申告しましょう。これらを確認して書類を提出し受理されれば晴れてあなたも自営業の仲間入りです。簡単でしょう?ぜひ自営業になって成功をつかみ取りましょうね!

フランチャイズ契約を結ぶことにより、フランチャイザーとフランチャイジーとの関係になります。そのため、フランチャイザーから経営指導を行ってもらえます。

admin

Add your Biographical Info and they will appear here.