トイレ詰まりの強い味方!頼りになる詰まり解消グッズ3選

トイレ詰まりの必需品、「ラバーカップ」

トイレが急に詰まってしまった!なんていう経験は、どこのご家庭でも必ず一度はあるのではないでしょうか。いざ詰まってしまうと本当に困ってしまいますよね。そんなときにあわてなくても済むよう、トイレ詰まりの解消グッズはあらかじめ準備しておきたいものです。今回はそんなトイレ詰まりの解消に役立つ道具を、3つほど紹介してみたいと思います。まず、何といっても絶対に用意しておきたいのは「ラバーカップ」。「スッポン」などとも呼ばれたりもしますが正式名称は「通水カップ」といいます。棒の先にお椀型のゴムがついたおなじみの道具ですが、トイレ詰まりにはとても頼りになるツールです。使い方は、排水口にカップの部分をかぶせて静かに押しつけ、力を入れてぐっと引く。たいていの詰まりならばこのラバーカップで解消することができます。

ラバーカップよりも強力な「真空式パイプクリーナー」

次にご紹介するのは、ラバーカップの強力版ともいえる「真空式パイプクリーナー」。大型の水鉄砲のような形状で、棒の部分がポンプ式になっていますのでラバーカップよりも吸引力が強く、「真空ポンプ」という名で紹介されることもあります。使い方はラバーカップと同様にゴムの部分を排水口に押し当てて、引き手のハンドルの部分を強く引っ張ります。一度で詰まりが直らないときは、何度か繰り返してください。ただし使い方を間違えると、柄の隙間から汚水が飛び出してくることもあるので要注意です。

奥のほうの詰まりには有効な「ワイヤーブラシ」

上記の2つでも直らない場合は、「ワイヤーブラシ」を使ってみましょう。ワイヤーブラシは上記のラバーカップ類とは違って、長いワイヤーの先端にブラシがついた道具です。手でワイヤーを送り出すタイプやハンドルをくるくる回してワイヤーを出すタイプなどの種類があり、ワイヤーの長さも1m程度から5mくらいのものまでいろいろとあります。使い方は基本的にワイヤーを排水口に差し込んで、詰まっているものを引っ掛けたり崩したりして詰まりを直します。ただし、ワイヤー自体が中で詰まって配水管を傷つけたりする場合もあるので、慎重な作業が必要です。またワイヤーの後片付けなども大変なので、ラバーカップなどに比べると少々面倒かもしれません。いかがでしたか?もしご紹介した道具を使っても詰まりが解消しない場合は、早めに専門の業者に依頼してくださいね。

トイレ詰まりの原因の多くは、トイレットペーパーの使い過ぎや、水で溶けないティッシュペーパーや紙おむつなどを流すことなどが挙げられます。

admin

Add your Biographical Info and they will appear here.