各家庭で自家発電ができてしまう太陽光発電とは?

自家発電ができてしまう太陽光発電のメリット

自宅の屋根の上にソーラーパネルを設けて行える太陽光発電は、文字通りの自家発電です。その発電量にもよるわけですが、この屋根に設けたソーラーパネルで十分な発電ができれば、消費する電力の大部分を賄うことができて、電力会社から購入する電力を大幅に減らすことができることになります。また、もしも消費する電力以上の発電ができて、電力が余ってしまった場合には、電力会社にその分を買い取らせることもできるわけなのです。

コンパクトな発電方式である太陽光発電だからこそ

太陽光発電が水力発電や火力発電、といった従来型の発電と違う点は、自宅の屋根にソーラーパネルを設置して発電ができてしまう、というように、電力の消費者が自家発電を行えてしまうことでしょう。それができるのも、太陽光発電がとてもコンパクトに行えてしまう発電方式であるからです。そもそも、太陽光発電というものは、宇宙船に電力を供給するための太陽電池から生まれたものなので、元々からコンパクトな規模で行える発電方式だったわけですね。

コンパクトな発電規模に適している太陽光発電

水力発電や火力発電というのは、大規模な発電設備がなければできないものなので、とても個人で行えるようなものではなく、巨額の設備投資が行えて、大きな組織を持つ電力会社でなければできないものです。その点、コンパクトに行える太陽光発電は、まさに自家発電に適ったものと言えるわけです。もちろん、メガソーラーのような大規模な太陽光発電もできるわけなのですが、やはり、各家庭が屋根にソーラーパネルを設置して、自家発電するといったコンパクトな規模のものが、太陽光発電には適しているのではないのかと思えますね。

太陽光発電の価格は、システムや工事にかかる費用だけでなく、国と地方自治体から出る補助金も合わせて考えることが重要です。

admin

Add your Biographical Info and they will appear here.