顧客のニーズを明確に!自家製電気製品の考え方

ニーズを単純明快にしそれだけに特化した製品を

電気製品とは言えあくまで自家製作で行う訳ですから、それこそ一流電気メーカーの様に潤沢な開発・製作・試験費用を持てる訳でも無く、品質や性能で勝負するのにも限界というものがあるでしょう。それゆえ顧客となるであろう層の本当に求めるニーズのみに特化した製品を作る様注力するのがベストという事になる筈です。そうすれば製品に対する考え方もシンプルになり構想も立て易くなりますし、逆にその完成品を手に取る顧客からの受けも良くなるものです。

あまり凝り過ぎた構造は禁物

上記の様に顧客のニーズに特化する電気製品を開発・製作するとなれば、やはりその構造や機能はシンプルに留めた方が故障やトラブルも少なく、メンテナンスやアフターサービスの対応も大変し易くなりますよね。その際そういったシンプルな製品に対しどういった付加価値を付けるかが販売上重要となりますが、顧客の注目を惹き易いからとやたらに製品を多機能にし過ぎるよりかは、シンプルゆえの扱い易さや慣れ易さを前面に押し出したマーケティングが功を奏するケースが多いものなのです。

販売経路もシンプル化を

これら自家性の電気製品を販売するに当たって、通販ポータルサイト等を利用した正攻法の販売ルートでは他の有名製品やメーカーに負けてしまう上、支払う広告料や契約金も馬鹿にならず、利益を出す事は大変難しい事でしょう。まだ知名度や評価が定まらないうちは無理は避け、独自のネット販売サイトを立ち上げる、あるいは実店舗としてのショールームは販売ブースを設け、確実に売り上げを伸ばしてゆくのが正解です。その方が仮に失敗したとしても撤退は易しく、むしろ地道な宣伝活動により販路を少しづつ拡大させ易いからです。

プリント基板実装をしたい場合には小ロットでも対応をしてくれる専門のサービスを活用すると非常に便利です。

admin

Add your Biographical Info and they will appear here.